吉原栄治先生のセミナーを開催します 9/4

以下の要領でセミナーを開催します。 奮ってご参加ください。

2019/09/04 (水曜日)16:00- 綜研セミナー室 (関西医科大学 6階)

講師: 吉原栄治 博士 (staff scientist, R. Evans lab, Salk Institute)

タイトル: 機能的免疫寛容ヒト膵島オルガノイドの作製 (Generation of immune evasive functional human islet like organoids)

要旨:ヒト多能性幹細胞を用いた機能的な膵島の作製はインスリン依存性の1型、2型糖尿病の新たな治療法になることが期待されている。本セミナーでは膵島の機能的成熟化の分子機構 と効率的な機能的ヒト膵島オルガノイドの作製法を紹介する。また膵島移植時に使用される免疫抑制剤による副作用のリスクを減らす為、免疫編集した機能的ヒト膵島オルガノイドの ヒト化糖尿病モデルマウスへの 血糖値改善 と移植拒絶軽減効果を紹介する。

 

内容について以下の論文を参照してください

Cell 176, 1098-1112, 2019 

Cell 173, 1-15, 2018 

Cell Metabolism 23,1-13 2016 

Cell Stem Cell, 6(5):547-55, 2015 

 

吉原さんはぼくが大学院時代にお世話になった研究室の後輩です。

今回、東京大学 定量生命科学研究所のシンポジウムに参加のために一時帰国されています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA