研究成果についてプレスリリースを行いました: アスピリンのがん抑制効果、がん代謝との関係が明らかに

当部門の広田が著者の一人となっている論文のプレスリリースを府立医科大学と共同で行いました。 アスピリンのがん抑制効果、がん代謝との関係が明らかに ~大腸がん細胞においてアスピリンがグルタミン代謝を活性化させるメカニズムを...

研究成果を発表しました : Critical care demand and intensive care supply for patients in Japan with COVID-19 at the time of the state of emergency declaration in April 2020: a descriptive analysis

本研究部門の藤井庸祐(研究員、大津市民病院医師)と広田喜一(学長特命教授)はプレプリントサーバmedRxivで以下の研究成果を公開しました。 Critical care demand and intensive care...

研究成果を発表しました : “Estimation of the number of general anesthesia cases based on a series of nationwide surveys on Twitter during COVID-19 in Japan: A statistical analysis”

本部門の広田は、宝塚第一病院麻酔科の大条鉱樹博士、大津市民病院麻酔科の藤井庸祐医師と共同で以下の研究をpreprintサーバー medRxivに発表しました。 Estimation of the number of ge...

成果発表

当部門の広田のエッセーが以下の媒体で発表されています。 LiSA   緊急寄稿 祝!2019年ノーベル生理学・医学賞:Oxygen, Hypoxia and Beyond 現代化学    酸素生物学の建設 ― 生体の酸素...

研究医養成コースの学生の論文を含む研究成果についてプレスリリースしました

当研究部門を中心とした研究グループの研究成果を職場からプレスリリースしました。 このプレスリリースのトピックスの一つは当大学が推進している研究医養成コースに参加している医学部学生(現在6回生と二回生)が著者の研究論文が発...