臨床系研究室セミナー「公共データベース活用による知のめぐりのよい医学研究」が行われました

平成28年10月19日17:30より19:00まで講師として,情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS)特任研究員(特任准教授) 坊農 秀雅 先生をお迎えして,臨床系研究室セミナー「公共データベース活用による知のめぐりのよい医学研究」が関西医科大学枚方学舎2階第2講義室で行われました。

友田学長,伊藤副学長をはじめ,各講座の研究医長,大学院生・若手研究者ならびに基礎社会系・教養系教員も含んだ幅広い参加者を得ました。

講演内容は

1. 英語論文からの情報収集

2. 日本語で作成されたコンテンツ(統合TV,新着論文レビューおよび領域融合レビュー)の紹介

3. 核酸配列DBの現状とその有効活用方法

4. 生物でゲノム解析する際に必要なアッセンブルやゲノムアノテーションの実際

に及び講演後,参加者との活発な討論が行われ意義深い講演会となりました。

 

坊農先生ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA