大学院講座をホストします

大学院講座第747講を以下の要領で開催します。

学外からの参加も歓迎です。

関西医科大学 生態情報部門 松田達志 先生のアレンジで開催が実現しました。

—————————————————————————————————-

日 時 : 平成29年9月5日(火)17:00〜

場 所 : 枚方学舎2階 学生セミナー室2C

題 目 : 病態解析・創薬に向けた近赤外非侵襲イメージング

講 師 : 三輪 佳宏 先生(筑波大学 医学医療系 分子薬理学講座 講師)

司 会 : 広田 喜一 教授(侵襲反応制御部門)

(大学院生への教育効果)

実験動物での研究の際に、動物を殺し組織を摘出し、それらに染色などを 施してはじめて発症が確認できるような疾患では、病態解析や治療法の開発が うまく進んでいない現状にあります。これを解決するためには、モデル動物が 生きたままで傷つけることなく体内の疾患を解析する手段が必要になります。 この目的のために、哺乳動物体内に深く浸透できる近赤外光を使った イメージング技術を開発しています。 本講演では、近赤外非侵襲イメージングを実施する上で「どうすれば何が どこまで見えるのか?」について、最新の研究成果に触れることのできる 貴重な機会ですので、大学院生の積極的な参加を期待します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA