当部門の松尾と広田の論文がFEBS Open Bio誌に掲載されました

当部門の松尾と広田の論文がFEBS Open Bio誌に掲載されました。

本研究では、小胞体へのタンパク質の蓄積(小胞体ストレス)が細胞内の酸化還元(レドックス)バランスに及ぼす影響について、タンパク質のレドックス状態の変化を指標として解析を行いました。小胞体ストレス応答の早期に、膜貫通型の酸化還元酵素TMX1が還元型から酸化型へとシフトすることを見出し、細胞内の抗酸化機能を担うグルタチオンシステムと連動した小胞体内のレドックス恒常性維持機構が存在することを示しました。

Transmembrane thioredoxin‐related protein TMX1 is reversibly oxidized in response to protein accumulation in the endoplasmic reticulum

DOI: 10.1002/2211-5463.12319

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA